Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「二十四の瞳」木下惠介

仰げば尊しも、浜辺の歌も、ふるさとも、朧月夜も、荒城の月も、七つも子も、日本語があまりに美しい。それはそのまま、日本人や日本という国の美しさとも深くつながっている。黒澤明がライバルとし、大島渚が敬愛し、山田太一が師と仰ぐ、木下惠介という監督の作品をいつかきちんと観なければと思っていたけれど、こんなにも凄いだなんて。溝口でも、小津でもなく、世界中の人たちにこの映画を観せて「これが日本だよ!」と大きな声で誇りたい。

f:id:love1109:20210709013733j:plain 

二十四の瞳 | 松竹映画100年の100選