Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「絶筆」野坂昭如

脳梗塞で倒れてからも口述筆記で続けられた12年に及ぶ日記やエッセイから編纂。野坂昭如らしく、ふてぶてしく、洒脱に、ユーモアを加えて時代を斬ってはいるけれど、戦争と、そのときに体験した餓えについては、冷静さを保つことのできない鬼気迫る思いが溢れ出ている。「言っておきたい。いざとなったら、金じゃない。食いもののある国が生き残るのだ。よその国など誰が助けてくれるか」。死の前日に記されたこの言葉の意味はとてつもなく重い。

f:id:love1109:20180630003750j:plain 

野坂昭如 『絶筆』 | 新潮社