Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「たかが世界の終わり」グザヴィエ・ドラン

すごい。圧巻。呼吸の乱れや胸の鼓動、目線の動き、瞬きの一つひとつまで。悩み、迷い、怒り、悲しみを内包する人間の繊細な「感情」の揺れを、グザヴィエ・ドランは、圧倒的に美しい映像と音楽によって描きだす。傷つけ合い、憎しみ合っても、この映画が愛に満ち溢れているのは、ドランが真のシネアストであるからだ。

f:id:love1109:20170914005057j:plain 

映画『たかが世界の終わり』公式サイト