Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「光ってみえるもの、あれは」川上弘美

ふつうだと思っていたことがふつうではなくて、そのふつうではないふつうをふつうに受け入れるまでの過程。青春。生きることの違和感に、少しずつ、折りあいをつけていく少年二人と少女がとても清々しい。誰かが誰かを思いやる気持ちが滲みでる、やさしさの塊のような小説だった。にしても、いいタイトル。

f:id:love1109:20170705004546j:plain

光ってみえるもの、あれは|文庫|中央公論新社