読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「ディストラクション・ベイビーズ」真利子哲也

結局のところ、暴力とは快楽である、ということを前提とする映画しか信用することはできない。菅田将暉も、向井秀徳の音楽も、実に際だっているけれど、なんといっても、これは柳楽優弥の圧倒的な代表作になるに違いない傑作だ。人を殴るたびに響く、ごつんごつんという鈍い音だけが、三人の若者の「生」を鼓舞する。真利子哲也監督、衝撃の商業映画デビュー作。嗚呼、私たちはこんなにも乾いた時代を生きているのか!

f:id:love1109:20161228142120j:plain 

映画『ディストラクション・ベイビーズ』公式サイト