読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「Switch」No.239「特集:闘う、大島渚」

雑誌

ふと視界に入ったバックナンバーの棚を目で追いながら手にした、恐らく、生前最後の大島渚特集。「分からないことを説明するのが映画ではない。分からないまま、そのものをズバッと見せるのが映画なのだ」という言葉には、彼の思想・美学が表われており、一つひとつの作品そのものが「映画とは何か」という真摯な問いかけであるからこそ、時を経てもなお、私たちは彼の映画に魅せられるのだ。大島渚の過激さに比べたら、今の「社会派映画」なんて屁みたいなもんだ。


出版社スイッチ・パブリッシング公式ページ