Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「her/世界でひとつの彼女」スパイク・ジョーンズ

さすが。鬼才スパイク・ジョーンズが描くと、こんなにも独創的でクリティカルなラブストーリーになる。ぶつかって、喧嘩して、理解し合えない苦しみを受け入れ、それでもなお、一緒にいることを選択する。それが恋であり愛だ。バーチャルでも、リアルでも、ネト充でも、リア充でも変わらない。誰かと触れ合えば、傷つけ、傷つけられる。人間は本質的に孤独。それでも。それがほろ苦くとても切ない。


映画『her/世界でひとつの彼女』大ヒット上映中!