Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「楽隊のうさぎ」鈴木卓爾

「下手くそな演奏がダメな音楽で、上手い演奏がいい音楽だとは、僕には思えないな」という先生の台詞は、音楽にとって何が大切なのか、この世になぜ音楽が存在するのか、その本質を物語っているように思える。多感な思春期であればなおさらのこと、夢中になれるものを見つけるだけで、毎日の何もかもが変わっていく。成長することの尊さと、素晴らしさを、真正面からまっすぐに描いた、とても清々しい映画だった。


映画『楽隊のうさぎ』公式サイト