Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「スイス・アーミー・マン」ダニエルズ

「ドブネズミの詩」にある「馬鹿なら馬鹿なほどカッコええ、駄目なら駄目なほどカッコええとか、 そういう世界ってあるんよ」という言葉に支えられて生きてきた。おならをし続ける死体。この映画は、くだらない妄想が、あまりにもくだらなすぎて泣けてきて、そのうち、心の奥底から生きるチカラがむくむくと湧いてくる、そんな映画だ。チャーリー・カウフマン&スパイク・ジョーンズ以来の衝撃。お馬鹿なアメリカ映画ってやっぱりサイコーなのだ。

f:id:love1109:20180320012531j:plain 

『スイス・アーミー・マン』公式サイト