Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「沈黙 ―サイレンス― 」マーティン・スコセッシ

弾圧する側も、弾圧される側も、そのいずれにも「弱さ」はある。この映画が胸を打つのは、善人も、悪人も、人間なら誰しもが持っているその「弱さ」に、終始一貫、揺れ動きながらも寄り添っているからだ。人間を救済するための宗教が、なぜゆえ、こんなにも人間を苦しめるのか。神に問うても、内なる声に耳を傾けても、その答えは一向に見つからない。けれども!

f:id:love1109:20170824004432j:plain 

映画『沈黙‐サイレンス‐』公式サイト