Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「月山」森敦

その日本語があまりに美しすぎて内容がまったく頭に入ってこなかった。というと少し語弊があるだろうか。あらすじを追うよりも、まるで古文を読んでいるかのような、その文章に身を委ね、そのリズムにただただ浸っていたかったのだ。「これはただならぬ日本語を読んでいるぞ」と感じさせる小説なんて、滅多に出会えるものではない。この小説を真に理解できる日はいつになるやら。これは、再読、再再読が必要だ。


月山 :森 敦|河出書房新社