読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「この国の空」荒井晴彦

戦時。明日をも知れぬ極限状態の中で、愛を知らずに死なねばならないのかという不安は、とても切実なものであったに違いない。「わたしが一番きれいだったとき」に、妻子ある男性に惹かれ、溺れていく「女」を演じた二階堂ふみはもちろん、それを見守る母を演じた工藤夕貴、伯母を演じた富田靖子もとても印象深かった。女の性は恐ろしく美しい。


映画『この国の空』公式サイト