読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「牛への道」宮沢章夫

書籍

おもしろさに憧れる。憧れるけれど、あまりの自分のつまらなさに、失望し、愕然とすることの方が多い。おもしろさとは、なにを見て、なにを聞き、なにを考えたか、そんな日々の思考の結果、積み重ねの表れだ。こんな本を読むと、まだまだ考えが足りないなぁと思う。無意味なこと、くだらないこと、どーでもいいこと。無駄なことを、もっと真剣に、もっと本気で考えないと、おもしろくなれない。で、どうなりたいのだ、俺。


宮沢章夫 『牛への道』 | 新潮社