Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「さよなら歌舞伎町」廣木隆一

ラブホテルの本をつくったときに、しこたま撮影をしながら感じたのは、そこはかとなく漂う、ドラマチックな雰囲気だった。だから「ラブホテルには男と女の切なさがしみ込んでいる」という末井昭さんのコメントの感覚が本当によくわかる。新宿歌舞伎町の、とあるラブホテルで繰り広げられる、愛に裏切られ、それでも誰かと触れ合いたい、どうしようもなく愚かで愛おしい男と女の群像劇。廣木監督の真骨頂。とても猥雑でとても純粋な映画だった。


映画『さよなら歌舞伎町』公式サイト