Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「地下の鳩」西加奈子

西加奈子はやさしい。正しく生きろ、とか、過去に向き合え、なんてことは絶対に書かない。いつも人間の弱さに寄り添ってくれる。彼女が愛おしく描いた「ちょっとずつ嘘ついて、ちょっとずつ無理している」登場人物たちが教えてくれるのは、ちゃんと生きるよりも、懸命に生きることの方が、よっぽど尊く美しいということだ。


文春文庫『地下の鳩』西 加奈子 | 文庫 - 文藝春秋BOOKS