Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「一枚のハガキ」新藤兼人

生前「闘いながら終わっていきたい」と語った新藤兼人監督が御年98歳で撮った遺作。生涯を通じて、体験したこと、感じたこと、考えたこと。そして、いちばん伝えたかったこと。これは、悲惨で、過酷で、理不尽で、滑稽な、本当の戦争を知る者にしか描けない魂の反戦映画だ。こんな映画を撮れる人が日本にはもういなくなった。


一枚のハガキ│新藤兼人監督の軌跡