Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「眠れる美女」川端康成

誰からも必要とされない人生。川端康成の小説には孤児であったがゆえの「孤独」がたゆたっている。誰も理解できない「孤独」の中で培った審美眼こそが彼の凄みであると思います。日本文学史に燦然と輝く“ド変態小説”三連発。今、ここちの良い疲労感が全身を覆っております(≧▽≦)


川端康成 『眠れる美女』 | 新潮社