Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「和樂」No.129「いける、愛でる「花」」

自然界の一木一草一花にこころを託す。「“花を愛でる”“花をいける”とは、花に宿る神と向き合い、自分の心の花を開かせること」なんだそうだ。花をいける。茶を入れる。香りをかぐ。そのすべてを「道」たらしめた日本人。精神の緊張によって暮らしの中に「美」を生みだしてきた、その感覚の鋭さは何によって育まれたものなんでしょうか。


和樂 小学館 | 美と知と心のハイライフマガジン