Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「Number PLUS」May 2011「拳の記憶」

「自分が負けることは全世界の虐げられた人々が負けることと同じであり、絶対に負けるわけにはいかなかったのだ」とモハメド・アリ。そして「120%、沖縄のために戦った」と具志堅用高は語ります。私たちはなぜボクシングにかくも心を奪われるのか? 信じるもの、守るべきもの、そのすべてを背負ってリングに上がる男同士の闘いに魅せられるのはよくよく当たり前のことです。

Sports Graphic Number PLUS MAY 2011 拳の記憶








創刊30周年記念ボクシング完全讀本拳の記憶 - Number PLUS - スポーツ総合雑誌ナンバー