Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「君のためなら千回でも」マーク・フォースター

生きていくということは、受け容れるべきものを自らで選び、それを守り続けていくことに尽きるのではないかと思います。邦題にもなった「君のためなら千回でも」という二人の台詞に込められた盲目的ともいえる「純真」と「覚悟」。それがこの映画のすべてです。なにものにも縛られることのない少年時代の幼なじみとの思い出というのはかけがえのないものですね。


~ 君のためなら千回でも ~