Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「クロッシング」キム・テギョン

DVDにて。過酷で、壮絶で、言葉になりません。本作を「プロパガンダ」と不快感を示す人もいるようですが、映画というものが何かしら意思の発露として作られるものである以上、「すべての映画がプロパガンダである」というのは言い過ぎでしょうか…。少年・少女と呼ぶにはあまりに幼い、淡く清らかな恋心をお互いに抱いた2人が、荒れ果てた大地で自転車を2人乗りするシーンの穏やかな幸福感といったら!

http://www.crossing-movie.jp/