Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「男はつらいよ 寅次郎恋歌」山田洋次

シリーズ8作目。寅さんが、ただの馬鹿ではないということは、恋の潮時を悟ったときに、潔くさっと身を引くことでわかる。いや、むしろ、人の苦しみや悲しみ、機微にはことのほか敏感で、わかりすぎるくらいわかるから歯がゆく切ないのだ。わかっちゃいるけどやめられない。そこが渡世人のつれぇところなのだ。そして、本作が喜劇役者・森川信の遺作であり、おいちゃんお決まりの台詞「バカだねぇ、まったく」が寅さんのすべてを物語っている。やがて国民的映画となった「男はつらいよ」への彼の功績は計り知れない。

f:id:love1109:20200116005826j:plain 

第8作 男はつらいよ 寅次郎恋歌|松竹映画『男はつらいよ』公式サイト| 松竹株式会社

「僕たちは希望という名の列車に乗った」ラース・クラウメ

「ともかく正義は悪である、というのが私が戦争体験から得た教訓」という言葉を残したのは伊丹十三だ。そもそも、大人の正義と、子供の正義はまったく異なるし、「人間としての正しさ」など、都合のいい大人の正義によって簡単に歪められてしまう。若さ、即ち、青春の素晴らしさは、そこに抗う純真さやエネルギーが、まだ失われていないというところだ。

f:id:love1109:20200115004641j:plain 

僕たちは希望という名の列車に乗った « アルバトロスフィルム

「男はつらいよ 奮闘篇」山田洋次

シリーズ7作目。本来であれば、他人の面倒を見ている場合ではない寅さんは、そんなことお構いなしの、困っている人を放っておけない人だ。そして、そのことに一体、どれだけの人が救われたことだろう。目の前に助けるべき人がいれば、損得を考えず、手を差し伸べる。エゴイズムが蔓延る現代にあって、人としての情けに溢れる寅さんの思いやりが、じんわりしみじみと沁みてくる。

f:id:love1109:20200111010450j:plain 

第7作 男はつらいよ 奮闘篇|松竹映画『男はつらいよ』公式サイト| 松竹株式会社

「セラヴィ!」エリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ

人間のどうしようもないところ、おろかさや、くだらなさや、バカバカしさを、慈しむような眼差しで撮りあげると、きっとこんなコメディになる。パリで同時多発テロが発生し、人々に不安や悲しみが広がったときに「お祭り騒ぎのように、笑えて、ただ楽しめることを皆が必要としている」と感じて撮った、監督の言葉、そのままの映画だった。

f:id:love1109:20200110004158j:plain 

映画『セラヴィ!/C'est la vie!』公式サイト

「男はつらいよ 純情篇」山田洋次

シリーズ6作目。正直なところ、(渥美清が憧れた)森繁久彌のスゴさをはっきりと認識したことがなかったので、渥美清と共に画角に収まるシーンは、ちょっとした衝撃だった。その間合い、その芸、そのやりとりは、言葉にするのも無粋。そこに若き日の宮本信子が絡むんだから、なんとも贅沢な話だ。シリーズ屈指との呼び声も高い、柴又駅でのさくらとの別れのシーンも圧巻。駅のホーム、そして、兄と妹というのは、なぜゆえかくも泣けるのか。

f:id:love1109:20200109005211j:plain 

第6作 男はつらいよ 純情篇|松竹映画『男はつらいよ』公式サイト| 松竹株式会社