Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」クレイグ・ギレスビー

フィギュアスケートを始めたのも、DVを続ける夫に縋ったのも、何度もオリンピックを目指したのも、すべては唯一、母親に愛されたかったんだと思うとやるせない気持ちでいっぱいになる。史上最高にスキャンダラスで、世界中で嫌われたスポーツ選手を、世間の側からではなく、彼女の側から捉えたその視点に胸が熱くなった。偏った、穿った見方への懐疑。かといって正当化するわけでもない、「客観」というやさしい眼差しが印象に残る。しっかし、運命というのは凄まじいものだ。

f:id:love1109:20190215012740j:plain 

映画『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』公式サイト

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ アディオス」ルーシー・ウォーカー

愛するものを、人生をかけて愛し抜く、愛しきることの尊さを、カリブ海に浮かぶ小さな島のミュージシャンたちが教えてくれる。音楽は、哀しみであり、喜びであり、人生であり、歴史であり、愛である。あれから18年。心の奥底から湧き上がってくる魂の歌声と、リズム、メロディに、もう一度、心を震わせ、酔いしれる。

f:id:love1109:20190214002300j:plain 

映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』公式サイト

「大阪物語」市川準

昨年末に初DVD化された1999年の日本映画。いずれも関西出身の沢田研二と田中裕子の夫婦漫才(レア)、そして、ミヤコ蝶々の芸(喋り)を観たくてレンタル。無論、ともに素晴らしかったけれど、それ以上に、池脇千鶴の瑞々しさ、市川準監督の詩情溢れる映像センスに舌を巻く。時代は移り変わっても、人の心を打つもの、胸に響いてくるものは何も変わらない。製作総指揮に横澤彪の名。もうすぐ終わる平成につくられた昭和芸人へのレクイエム。笑いはとても哀しくて、ゆえに、大阪はとてもせつない。

f:id:love1109:20190213000450j:plain 

大阪物語 | YOSHIMOTO MUSIC ENTERTAINMENT CO.,LTD./よしもとミュージックエンタテインメント

「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」ヤヌス・メッツ

世界一。その領域に達する者にしか見えない景色があるのだということをまざまざと思い知らされる。氷の男・ボルグと炎の男・マッケンロー。表われ方は違えども、二人に共通しているのは、誰にも理解してもらえることのない「圧倒的な孤独」だ。世界最高峰の戦いは、こんなにも美しく、神々しいものなのかと惚れ惚れしてしまう。

f:id:love1109:20190205011053j:plain 

映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』公式サイト

「グリーンブック」ピーター・ファレリー

旅をすればするほど、哀しみと優しさが、じわりじわりと沁みてくる珠玉のロードムービー。ユーモアとウィットに富んだ台詞や、ディープサウスを巡るに相応しいブラックミュージックの数々。その圧倒的なクオリティの高さに心奪われる130分だった。そして、あの「メリーに首ったけ」のピーター・ファレリー監督がこの映画を撮ったというのも感慨深い。これがアメリカ映画の厚み。3月1日公開。昨日、試写会にて。

f:id:love1109:20190201011942j:plain 

映画『グリーンブック』公式サイト