ずっと映画のことを考えている

旧「Editor's Record」(2023.2.28変更)

「渇水」髙橋正弥

停水執行。すなわち、水道を止めるという行為は、例えルールであったとしても、少なからず命を危険にさらす行為だ。それがネグレクト(育児放棄)を受けている子供の家庭であった場合、より一層、事態は深刻となってくる。大人からも、社会からも分断され、見下され、無視される子供たち。この世の中に「確実に」存在している彼ら・彼女たちの声なき声を、映画は、繰り返し繰り返し、叫び続ける。

映画『渇水』公式サイト - KADOKAWA