Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「ブラックバード 家族が家族であるうちに」ロジャー・ミッシェル 

とても成熟した映画だった。人間の悲しみ、やさしさ、そして、強さが、丹念に描かれた映画だった。死を前にしたとき、法律や倫理は意味をなさなくなり、母子や夫婦ではなく、人間と人間になる。人生は、困難に満ちていて、ままならず、それでも素晴らしい。シリアスなテーマにユーモアを持ち込んだロジャー・ミッシェルという監督はやはり只者ではない。

f:id:love1109:20220115005359j:plain

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』オフィシャルサイト 2021年6/11公開