Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「象は静かに座っている」フー・ボー

デビュー作にして遺作。その作品が映画史に名を刻むに違いないことは、果たして偶然なのか、必然なのか。フー・ボー監督の自死の原因といわれる「再編集」の要請。その必要がなかったことを、一瞬一瞬に魂が刻み込まれた234分の、自然光の長回しによって生みだされた「すべて」のカットが物語っている。やり場のない悲しみを抱えた4人のアンサンブル。全身全霊をかけて描かれた映画は傑作という言葉では足りないくらいに美しかった。緊張感に満ちた崇高な映画だった。伝説決定。

f:id:love1109:20201215001613j:plain 

映画『象は静かに座っている』オフィシャルサイト