Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「ひとよ」白石和彌

お互い唯一無二。かけがえのない存在であることは疑いようもない。が、樹木希林がいなくなり、日本映画界にぽっかりと空いてしまった大きな穴を埋められるとしたら、それは田中裕子しかいない。彼女が、夫を殺める母親を演じるなんて、これはもう事件なのだ。なんと清らかで美しい愛憎劇。人間の情念とはこれほどまでに深いものかと、まざまざと思い知らされる。

f:id:love1109:20200901194324j:plain 

映画『ひとよ』公式サイト