Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「わたしは光をにぎっている」中川龍太郎

さすが。センスは視点に表われる。働くこと。食べること。生きること。誰も気に留めないような日常の中に、優しさは溢れ、美しさは満ちている。そんな、つまりは暮らしが失われていく切なさを、天才・中川龍太郎監督が映像に遺した。タイトルは山村暮鳥の詩より。此の生きのくるしみ/くるしければくるしいほど/自分は光をにぎりしめる

f:id:love1109:20200819202313j:plain 

映画『わたしは光をにぎっている』公式サイト。