Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「ワイルドライフ」ポール・ダノ

父親も、母親も、弱さや狡さを抱えた一人の人間なのだと理解するには14歳は早すぎる。まるで飼い殺されるかのように、じわじわ、じわじわと家族が崩壊するさまを、息子はじっと耐え、ただ茫然と見つめるしかない。ホント、地獄。こんなにも辛い映画はないなと思っていたからこそ、ラストシーンが沁みた。人生はあまりに過酷だけれどそれでも心の片隅にわずかな愛が残っていれば生きていける。そして、さすがの、キャリー・マリガン。

f:id:love1109:20200213012134j:plain 

映画『ワイルドライフ』公式サイト