Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「男はつらいよ 純情篇」山田洋次

シリーズ6作目。正直なところ、(渥美清が憧れた)森繁久彌のスゴさをはっきりと認識したことがなかったので、渥美清と共に画角に収まるシーンは、ちょっとした衝撃だった。その間合い、その芸、そのやりとりは、言葉にするのも無粋。そこに若き日の宮本信子が絡むんだから、なんとも贅沢な話だ。シリーズ屈指との呼び声も高い、柴又駅でのさくらとの別れのシーンも圧巻。駅のホーム、そして、兄と妹というのは、なぜゆえかくも泣けるのか。

f:id:love1109:20200109005211j:plain 

第6作 男はつらいよ 純情篇|松竹映画『男はつらいよ』公式サイト| 松竹株式会社