Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「孤独なふりした世界で」リード・モラーノ

戦争や災害など歴史に刻まれることの多くは悲劇だ。そうした悲劇から、あるいは、悲劇にまつわる死者の記憶から、残された者は、目を背け、耳を塞ぐのではなく、苦しみや悲しみを、もがきながらも受け止めなければ前へ進めない。そんな過去・現在・未来への向きあい方を暗示する観念的なSF映画。どんなに過去を消し去っても、その積み重ねの先に現在があり、未来がつながっていくのだ。

f:id:love1109:20191116014151j:plain 

孤独なふりした世界で | カタログ | 株式会社twin