Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「希望の灯り」トーマス・ステューバー

ベルリンの壁崩壊後のスーパーマーケットで働く人たちは、ちょっと風変わりで、無骨だけれど、とても心がやさしい。みんないいひと。それは決して、聖人君子的な、あるいは、善意に満ちたいいひとではなく、他人を深く慮りながらも、立ち入りすぎない節度をもって、真面目に、誠実に、つつましやかに生きる普通の人たちだ。いやーまいった。すごいなこれ。一つひとつのシーンを思い出すだけで心が震える。余韻がハンパない。静かな傑作。

f:id:love1109:20191112005827j:plain 

映画「希望の灯り」公式サイト 2019年4/5公開