Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「晩年の子供」山田詠美

「心を痛めることも、喜びをわかち合うことも、予期しない時に体験してしまう」ことを知った、幼き日の山田詠美の、瑞瑞しい感性によって綴られた短編集。そのナイフのように鋭く、砂のように脆く、泡沫のように儚い、小さくつたない感性による「感情の揺れ」を言葉にしたなら、こんな小説になるのだ。生と死、刹那と永遠。すごいな。その言葉、その文体、その世界の美しさに、ただただ圧倒される。

f:id:love1109:20190416012648j:plain

『晩年の子供』(山田 詠美):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部