Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「おかしな男 渥美清」小林信彦

例え、運命というものが本当に決まっているとしても、それは決して本人の望み通りでないだけでなく、適切な道へと導かれるものでもない。誰もが「寅さん」として認識している狂気の役者が、もしも「男はつらいよ」に出会わなかったらとしたら…と思わずにはいられない人物伝。芸能というのはまこと、幻想を与え、幻想に生きる世界なのだ。なんだかとても哀しい。

f:id:love1109:20190119011040j:plain 

筑摩書房 おかしな男 渥美清 / 小林 信彦 著