Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「ビューティフル・デイ」リン・ラムジー

俳優の到達点とは一体どこにあるんだろう。一瞬一瞬に緊張感が漲っており、一挙手一投足から決して目を離すことができない。怪優ホアキン・フェニックスの演技を観ていると、彼の佇まいやその仕草に一つの答えがあるように思えてならない。ラストシーン。彼の頬を伝う一筋の涙を目にするだけでも必見に値する。人間を狂わせるほどの孤独は、哀しく、そして、とても美しい。

f:id:love1109:20181227001332j:plain 

映画「ビューティフル・デイ」公式サイト 2018年6/1公開