Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「アイスと雨音」松居大悟

なにかを伝えようと真摯に向き合い表現されたものに絶対的な敬意を払いたい。涙を流し、叫んだ者にしか吐きだせないものが必ずあると、たいした根拠もなく、それでいて強く信じているけれど、キャリアも、名もなく、そこに集った若者たちによって綴られる映像、そして、物語の中に、その根拠となるものがたくさん散りばめられていた。表現ってすごい。どんどん新しいものが生まれていく。「数字や理屈ではなく目の輝きを信じたい」と考えた、松居大悟監督はしごくまっとうに正しい。

f:id:love1109:20181116004545j:plain 

映画『アイスと雨音』オフィシャルサイト