Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「幕末維新のこと 幕末・明治論コレクション」司馬遼太郎 著/関川夏央 編

説明不要の代表作「竜馬がゆく」は「龍馬の伝記を書こうと思ったわけではなく、龍馬の人柄を書こうと思っただけのことだった」という司馬さんの言葉がなんだかとても感動的だった。なんでも「ものごとをつくるのは、結局は、つくる人の魅力であり、ものをつくっていく場合の魅力とは何だろう」というのが、あの小説のたった一つのテーマだったのだという。坂本龍馬であれ、勝海舟であれ、吉田松陰であれ、近藤勇土方歳三であれ、司馬遼太郎はすべて、その人間に惚れこみ、人間を書いている。だから私たちは、彼の文章に、言葉に、魅せられるのだ。

f:id:love1109:20180913010527j:plain

筑摩書房 幕末維新のこと ─幕末・明治論コレクション / 司馬 遼太郎 著, 関川 夏央 著