Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「月曜日は最悪だとみんなは言うけれど」村上春樹 編・訳

村上春樹は、とても誠実な書き手であると同時に、とても誠実な受け手でもあるということは、彼が翻訳した本を何冊か読めばすぐにわかるけれど、アメリカの作家が雑誌や新聞に発表した記事、あるいは、エッセイを、気の向くままにスクラップし、一冊にまとめたこの本を読むと、そのことをより一層実感することができる。例えば、復員後、一貫してヴェトナム戦争をテーマに作品を発表しているティム・オブライエンが書いた「私の中のヴェトナム」(胸に迫る内容!)などは、アメリカの同時代小説をずっと追いながら、熱心に読み込んでいないと、その重要性にもかかわらず、日本に紹介されることのないエッセイであると思うのだ。

f:id:love1109:20180828010831j:plain

月曜日は最悪だとみんなは言うけれど|単行本|中央公論新社