Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「未来のミライ」細田守

どんな才能を持った監督も全打席ホームランというわけにはいかない。ただ、後々そのフィルモグラフィーを辿っていくと、そのとき、撮るべきもの、撮らねばならなかったものを、必然的に(というより、ある意味、宿命的に)撮っていることの方が多い。「最小のモチーフを用いて、最大のテーマを語り切りたい」と語った細田守監督。過去の作品が偉大過ぎて、評価も、興行も、あまり芳しくないけれど、小さな日常からの大きな飛躍、時空を超えた奇想天外な冒険の中で主人公くんちゃんが「発見」した、いのちの根源が丹念に丁寧に描かれた、確かに「野心的」な映画だった。この映画を観たあとに亡き祖父の写真を久しぶりにしげしげと見る。

f:id:love1109:20180817000515j:plain 

「未来のミライ」公式サイト