Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「ライオンは今夜死ぬ」諏訪敦彦

ゴダールトリュフォーと並び、ヌーヴェルヴァーグの代名詞といえるジャン=ピエール・レオーの、まさしく映画を生き抜いてきた圧倒的な存在感! 本人を投影するような、死を演じることに苦悩する老俳優の、身振りも、手振りも、その話し方も、それらすべてがまるで伝説のようにそこに存在している。そして、初めて映画を「発見」する子供たちの瑞々しい感性との共鳴、そして、あの傑作「ママと娼婦」のイザベル・ヴェンガルテンとの46年振りの共演も。嗚呼、すべてが奇蹟のようにきらきらと全編に納まっている!

f:id:love1109:20180809010131j:plain 

映画『ライオンは今夜死ぬ』公式サイト