Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「希望のかなた」アキ・カウリスマキ

アキ・カウリスマキの映画はアキ・カウリスマキにしか撮ることができない。映像が氾濫する時代にあって、彼のオリジナリティーが、より一層の輝きを増しているのはなぜか。寛容さを失いつつある世界の中で、社会の片隅で生きる、市井の人たちの「小さな善意」こそが「希望」であるというささやかな主張。つつましいやさしさがじわりじわりと効いてくる、ユーモアに満ちた、温かく、柔らかな映画だった。それにしても、劇中で演奏されるバンドの音楽が、想像を絶するカッコよさ!

f:id:love1109:20180720001043j:plain  

映画『希望のかなた』公式サイト