Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「獣道」内田英治

いい映画だった。行き場のない少年と少女のセンチメンタルな恋愛映画としても、カルト、宗教、ヤンキー、AVといった、誰にも知られることのない(ほんとうのところを誰も知ろうとはしない)世界の中で、もがきながら生きる若者たちの青春映画としても。 孤独じゃない、孤高なの。そう心の底から叫んだ伊藤沙莉は「愛のむきだし」の満島ひかりに匹敵するほど(否、それ以上に)素晴らしかったし、須賀健太のラストシーンの笑顔をこれからもずっと忘れることはないだろう。驚くべきはこれが実話であるということ(というより、現実よりソフトに描かれているということ)。そのことを教えてくれるマスメディアはもはやこの国にはもうないし、それを描いてくれる映画作家もまた、ほんの一握りとなってしまった。

 f:id:love1109:20180604212606j:plain 

http://www.kemono-michi.com/