Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「さよなら、ぼくのモンスター」ステファン・ダン

抑えようとも抑えきれない気持ちと、その衝動を、オリジナリティ溢れるスタイリッシュな映像で表わしたカナダ映画。自らのセクシュアリティを自覚することで芽生える葛藤と、その受容が、痛々しいほど繊細に描かれる。「クソまみれの人生なら強くなるしかない」という母の台詞が胸に刺さる。

f:id:love1109:20180328000424j:plain 

上映作品|カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017