Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「愛と痛み 死刑をめぐって」辺見庸

辺見庸という人の著作を読むと「読んではならぬものを読んでしまった」という感覚にいつも襲われる。なぜなら、そこには、多くの人たちが耳を塞ぎ、見て見ぬふりをしている、知られざる事実が、オブラートに包まれることなく、すべて露わになっているからだ。その賛否はおいておいて、この国が失ってしまった「言論の自由」が、そこに自らの尊厳をかけて存在している。

f:id:love1109:20171110000239j:plain 

愛と痛み :辺見 庸|河出書房新社