Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「シズコさん」佐野洋子

佐野さんは「私は金で母を捨てた」と書く。「愛してなかったのだ」とも。それは母に対する謝罪であり、また、自分に対する弁解でもあり、なんだか、とても胸が締めつけられた。嘘のない言葉は、強く、激しく、そして、あまりにも無垢だ。書くことで、果たして彼女は母を赦し、何よりも、自らを赦すことができたのだろうか。憎悪は愛情の裏返しでもある。これは本当に素晴らしいエッセイだと思う。

f:id:love1109:20171021001833j:plain 

佐野洋子 『シズコさん』 | 新潮社