Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「タンジェリン」ショーン・ベイカー

ゲイであれ、バイであれ、ノンケであれ、心にぽっかり空いた穴を埋めてくれるのは自分ではない誰かだ。この映画が感動的なのは、ロサンゼルスの片隅で生きるトランスジェンダーを、そのままプレーンに描いているからだ。恋をし、嫉妬し、裏切り、裏切られ、傷つき、癒される「日常」が、滑稽で切なく、そして、美しい。また、全編すべて iPhone で撮影されたというのがなんとも痛快。これぞインディペンデント。人の心を打つか、打たないか、それと予算はまったく関係ないのだ。

f:id:love1109:20170905005340j:plain  

映画『タンジェリン』公式サイト