Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「僕と世界の方程式」モーガン・マシューズ

いまいちメジャー感はないけれど、サリー・ホーキンスはとても素晴らしい女優の一人だ。愛情表現が不器用で、事故で亡くなった父親に引け目があり、自閉症ぎみで数学にしか興味を示さない息子に相手にされずとも、大きな、無償の愛を注ぎ続ける母親。終盤、その息子に「恋」について、一生懸命、自分の言葉で伝えようとする彼女の演技に強く胸を打たれた。大事なのは、器用かどうかではなく、そこに愛があるかどうかなのだ。

f:id:love1109:20170817002044j:plain 

映画「僕と世界の方程式」公式サイト