Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「月日の残像」山田太一

本編で引用される「私は本を読みつづけることだろう、そして忘れつづけることだろう」というイギリスの作家・ギッシングの言葉。そうだ、過去のほとんどは忘れ去ってしまうけれど、ほんのわずか、記憶に残る過去の断片を、ノスタルジーに浸ることなく、極めて洗練された文章で綴ったエッセイ集。山田太一という人の言葉は、ドラマであれ、小説であれ、エッセイであれ、いつも心に強くひっかかる。

f:id:love1109:20170714001228j:plain

山田太一 『月日の残像』 | 新潮社