Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「母よ、」ナンニ・モレッティ

親を看取ってようやく一人前になれる。人生において最も重要な通過儀礼である母の死。その過程における動揺、苛立ち、絶望、諦め、そして受容。そうした心の複雑なゆらめきを、丹念に、そして、誠実に描き切ったイタリア映画。主人公の一挙手一投足がしみじみと沁みてくる。


映画『母よ、』第68回カンヌ国際映画祭エキュメニカル審査員賞受賞 カイエ・デュ・シネマ誌が選ぶ2015年映画第1位 2016年3月公開