読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「最愛の子」ピーター・チャン

隣国の中国で、公称(ということはかなり控えめ)で年間約20万人もの子どもが誘拐され、日本円にして50万〜130万で人身売買されているという事実を、ほとんどの日本人は知らない。映画はときに社会の闇をあぶりだし、のほほんと暮らす私たちに突然、痛切な問いを投げかける。「撮らねばならない」「伝えねばならない」という使命感に突き動かされた映画には問答無用の「強さ」がある。その「強さ」によって、なにかが変わる兆しがわずかでも生まれるとしたら。それこそが映画のチカラだ。


映画『最愛の子』オフィシャルサイト