Editor's Record

観たモノ、読んだモノ、聴いたモノ。好きなモノの記録。

「お盆の弟」大崎章

いつまでたっても大人にならない(なれない)。グダグダ、ウダウダ。情けなくて、弱くて、イタいけれど、最後の最後、ぎりぎりのところで誠実で、とてつもなく、やさしい。そんな、愛すべきお馬鹿さんたちによって、今日もどこかで映画は作られている。映画を撮るという切実。監督も、脚本家も、彼らに振り回されながら支える家族や友人たちも含め、映画にかかわるすべての人に感謝したくなる、そんなフィルムだった。


映画『お盆の弟』